お知らせ

テナント従業員の新型コロナウイルス感染者について

当財団が管理運営する民族共生象徴空間(ウポポイ)の入居テナント「ミュージアムショップ」及び「ニエプイ」の従業員1名が、2月22日、新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

判明した事実及び当財団としての当面の対応は以下のとおりです。

1 感染の判明に係る事実

(1)感染者の勤務先等

「ミュージアムショップ」及び「ニエプイ」
所在地:北海道白老郡白老町若草町2丁目

(2)判明までの経過

2月19日(土) 勤務
20日(日) 休日
21日(月) 発熱症状により、PCR検査を受検。
22日(火) 陽性判定

2 当面の対応

勤務中は手洗い、マスク着用等の感染予防を行い、マスク未着用で接客したお客様や他の店舗従業員はいないことから、当該店舗は通常通り営業いたします。

当該従業員は、2月21 日(月)から当面の間、自宅待機中です。

3 その他

  • 店舗につきましては十分に注意して消毒を実施し、感染の拡大につながらないよう、お客様や他の店舗従業員との接触状況、および従業員の健康状態の確認などを徹底し、安全性を確認した上で、営業しております。
  • お客様の安全を第一に考え、また店舗従業員が安心して働けるよう、引き続き感染拡大防止に努めてまいります。
PAGE TOP