ウポポイトピックス

ピウスツキ顕彰事業の開催について

ブロニスワフ・ピウスツキ(1866~1918)はロシア支配下リトアニア生まれのポーランド人で、ロシア皇帝暗殺計画に巻き込まれ樺太に流刑されましたが、そこでニブフやアイヌの言語と文化を研究し、多大な功績を残した文化人類学者です。

2013年、ポーランド政府はピウスツキの功績を称えて彼が生前に滞在した白老の旧アイヌ民族博物館に記念碑を建立。2020年のウポポイ開業に合わせ、現在はウポポイ園内に移設されています。

ピウスツキの命日にあたる5月17日、ピウスツキ記念碑前で顕彰事業を行います。

日時

2022年5月17日(火) 16:05~16:20

場所

ウポポイ園内ピウスツキ記念碑前

内容

舞踊披露及び記念撮影

備考

見学自由

最近のウポポイトピックス一覧

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP