ウポポイトピックス

国立アイヌ民族博物館 第5回特別展示 イコㇿ ウエカリレ ― アイヌ資料をコレクションする ―

アイヌ民族の歴史と文化を語るうえで欠くことのできないもの、それがアイヌ資料です。
本展覧会では、アイヌ資料の中でも特に民具に焦点を当て、各時代の人物や組織がどのような目的をもってコレクションしてきたかを紹介します。
展示品を通じて、アイヌの民具にみられる「伝統」とは何かについて考えていきます。
国の指定文化財(重要文化財・重要有形民俗文化財)や各地域の指定文化財、そして北海道初公開のアイヌ資料も一堂に会し、アイヌ・コレクションの多彩さが際立った展示となっています。

*展覧会名の「イコㇿ ウエカリレ」の「イコㇿ」はアイヌ語で「宝物」ここでは「資料」、ウエカリレは 「~を集める」*を意味しており、「(彼/彼女(ら)が)資料を集める/集めた」という意味になります。*旭川方言

会期

2022年9月17日(土)~2022年11月20日(日)
※新型コロナウイルス感染拡大状況によっては会期を変更する場合があります

会場

国立アイヌ民族博物館 2階 特別展示室

詳しくはこちらをご覧ください
第5回特別展示「イコㇿ ウエカリレ ― アイヌ資料をコレクションする ―」

最近のウポポイトピックス一覧

アーカイブ

カテゴリー

PAGE TOP