カムイチェㇷ゚受け継がれたサケ漁

最終更新日:2023年9月16日

サケをテーマとしたイベントを初開催!

カムイチェㇷ゚(神の魚)やシペ(本当の食べ物)と呼ばれ、アイヌにとって欠かすことができない重要な食べ物であるサケ。ウポポイでは初の試みとなるサケをテーマにした本イベントでは、実演、体験、講演、グルメやお買い物を通してアイヌとサケのかかわりをより深く体感いただけます。

開催期間:2023年9月16日(土)~9月23日(土・祝)

実演・体験・講演を楽しむ!

サケ漁具製作実演

サケ漁具製作実演

サケ漁に用いるマレㇰ(突鉤)やチェㇷ゚ケㇾ(魚皮靴)に使う糸などを製作実演します。

日時

9月16日(土)~9月23日(土・祝)
9:00~18:00

会場

イカㇻ ウシ(工房)

定員

36名

ウパㇱクマ特別版
白糠のサケ漁の伝統

天内重樹さん

白糠で受け継がれてきたサケ漁のお話しとマレㇷ゚漁の実演をします。

  • 「マレㇷ゚」は天内さんが伝承しているアイヌ語発音/表記です

講師

天内 重樹さん(白糠町)

日時

9月23日(土・祝)
11:00~11:45

会場

ポロ チセ

定員

42名

サケ皮クラフト体験

サケ皮キーホルダー

千歳水族館のボランティアグループ“千歳サケのふるさと村教授会”の皆さまにお越しいただき、本物のサケ皮を使って小さなチェㇷ゚ケㇾキーホルダーをつくります。

日時

9月23日(土・祝)
10:00~10:45、15:30~16:15

会場

イカㇻ ウシ(工房)

定員

各回15名

特別講演
サケ ― 謎に満ちた生命の旅

サケのふるさと 千歳水族館館長 菊池基弘さん

サケの生態や私たちの生活との関わり、アイヌ文化をはじめとするサケを利用した様々な教育プログラムについてご紹介します。

講師

サケのふるさと 千歳水族館館長 菊池 基弘さん

日時

9月23日(土・祝)
14:30~15:30

会場

博物館交流室

定員

60名

伝統芸能上演 イノミ

伝統芸能上演 イノミ


動物の魂をカムイの世界へ送り帰す伝統儀礼イヨマンテの精神をストーリー性のある演出によって紹介します。

日時

9月17日(日)
16:30~17:00

会場

ウエカリ チセ(体験交流ホール)

定員

303名

ポロトコタンの夜

ポロトコタンの夜

屋外ステージで歌や踊りを披露します。サッチェㇷ゚(干し魚)を試食しながら、夜のコタンをご堪能ください。

日時

9月17日(日)
17:30~18:45

会場

コタンステージ

  • 天候不良の場合はポロ チセ

定員

100名程度

  • サッチェㇷ゚は先着100名
  • 天候不良の場合は定員45名となり、15:30よりエントランス案内所にて配布する観覧券が必要です。

ほかにも楽しいプログラム特別開催!

楽器をさわってみよう!

伝統楽器トンコリやムックリ

トンコリやムックリに触れて音を出してみましょう。どなたでもお気軽にご参加いただけます!

日時

9月16日(土)~18日(月・祝)、9月23日(土)、9月24日(日)
10:30~11:30

会場

ヤイハノッカㇻ チセ(体験学習館)

定員

10名

マレㇰ漁体験

伝統漁具マレㇰの説明後、体験でとったサケを送ります。

講師

天内 重樹さん(白糠町)ほか

日時

9月23日(土・祝)
11:50~サケが獲れ次第終了

会場

メㇺ(湧き水)の池周辺

定員

7名

対象

ウパㇱクマ特別版「白糠のサケ漁の伝統」に参加した小学4年生以上

  • 小学生は保護者同伴

参加方法

ウパㇱクマ特別版「白糠のサケ漁の伝統」にて募ります。

ウポポイShop デジタルスタンプラリー

ウポポイShopデジタルスタンプラリー

ウポポイ内のレストランやショップを利用して、デジタルスタンプを集めよう!

抽選で素敵な景品をゲット!

秋の味覚・おかいものフェア

秋の味覚おかいものフェア

デジタルスタンプラリーのスタンプがもらえる!

メニュー・商品の一例

チェㇷ゚オハウ

チェㇷ゚オハウ

抹茶シェイク

宇治抹茶シェイク

ブルーベリーパイ

ブルーベリーパイ

鮭ネックレス

鮭ネックレス

木彫り熊

木彫り熊

期間中にはトゥレッポんも登場!? お楽しみに♪

エントランス棟でウポポイPRキャラクター トゥレッポんがお出迎えをします♪

日時

9月16日(土)~18日(月・祝)、9月23日(土)
11時頃、14時頃

  • 雨天・荒天中止
会いにきてポんと語るトゥレッポん

同時開催!

国立アイヌ民族博物館 第7回特別展示「考古学と歴史学からみるアイヌ史展 ― 19世紀までの軌跡 ―」

考古学と歴史学からみるアイヌ史展 ― 19世紀までの軌跡 ―

アイヌ民族は19世紀まで北海道、樺太、千島、東北北部など、日本列島北部とその周辺の自然環境の中で生活を営み、固有の文化を築き上げてきました。周辺文化との接触を重ねながらその特色を際立たせてきたアイヌ文化は、時代とともに変化を繰り返してきました。
本展覧会では、考古学と歴史学の研究成果を踏まえたアイヌ史を紹介します。現代にみられる伝統性が形成されたであろう18~19世紀のアイヌ文化を軸に、その成り立ちを概観します。 現代のアイヌ民族につながる歴史観をどのように構築していくのか、考える展覧会にしたいと思います。

【チラシ】カムイチェㇷ゚ 受け継がれたサケ漁(PDFファイル)

トゥレッポん
トゥレッポん

ウポポイ(民族共生象徴空間)
ウポポイは、アイヌ文化の復興・創造等の
ナショナルセンターです。

アイヌ古式舞踊の上演や伝統芸能体験、食文化体験や伝統工芸品の製作体験等を通じてアイヌ文化を体感。 豊かな自然に囲まれた、アイヌ文化が息づく憩いの場。

札幌から約1時間、新千歳空港から約40分、JR白老駅から徒歩約10分

ウポポイ(民族共生象徴空間)
〒059‐0902 北海道白老郡白老町若草町2丁目3
545 194 852
マップコードに対応したカーナビ等にコードを入力するだけで地点を表示できます。

「マップコード」および「MAPCODE」は(株)デンソーの登録商標です。

営業時間

2023年11月1日~2024年3月31日
9:00〜17:00

閉園日

月曜日および12月29日~1月3日、2月20日~2月29日
※月曜が祝日または休日の場合は翌日以降の平日に閉園
※但し2月5日は開園

多彩なアイヌ文化体験プログラム開催中

プログラム タイムテーブル/全施設一覧
PAGE TOP