施設情報

Upopoy
民族共生象徴空間

ウポポイは、アイヌ文化の復興と発展のナショナルセンターです。

アイヌ民族は日本列島北部周辺、とりわけ北海道の先住民族です。日本語と系統の異なる言語である「アイヌ語」をはじめ、自然界すべての物に魂が宿るとされている「宗教観」、祭りや家庭での行事などに踊られる「古式舞踊」、独特の「文様」による刺繍、木彫り等の工芸など、固有の文化を発展させてきました。
ウポポイは日本の貴重な文化でありながら存立の危機にあるアイヌ文化の復興・発展のための拠点となるナショナルセンターです。また、我が国が将来に向けて、先住民族の尊厳を尊重し差別のない多様で豊かな文化を持つ活力ある社会を築いていくための象徴として整備するものです。豊かな自然に抱かれたポロト湖のほとりで、アイヌ文化の多彩な魅力に触れることができます。
愛称「ウポポイ」は、アイヌ語で「(おおぜいで)歌うこと」を意味します。

ウアイヌコㇿ コタン
民族共生象徴空間
主要施設

アヌココㇿ アイヌ イコロマケンル
国立アイヌ民族博物館

先住民族アイヌの歴史と文化を主題とした日本初・日本最北の国立博物館。

アヌココㇿ ウアイヌコㇿ ミンタㇻ
国立民族共生公園

先住民族アイヌの文化を五感で感じるフィールドミュージアム。

シンヌラッパ ウシ
慰霊施設

アイヌの人々による尊厳ある慰霊を実現。

PAGE TOP